大津の派遣看護師

患者さんの訴えを100%聞かないと「看護師として失格」「優しさが足りない」とか言いたい放題に言う方がいます。患者さんの要求を100%飲んでいたら医療は崩壊しますよ・・・。

患者さんはお客様という捉え方になってからというもの、ちょっとした事でクレームになったり、
医療ミスが大きく取り上げられたりする事が、多くなったように感じています。
それに、患者さんが看護師に求める物も、日に日に大きくなっているような気がします。
ここ最近の患者さんというのは、とても強気です。
少しでも自分の気に入らない事があったり、思い通りにいかなかったりすると、訴えるとか、マスコミに言ってやるとか、
すぐに騒ぎはじめます。
それに、患者さんの訴えを100%聞かないと、看護師として失格だとか、優しさが足りないなどと言われ、
私達看護師は責め立てられるんです。

 

でも、考えてみて下さい。
患者さんの訴えを100%聞くなんて、無理な話しです。
患者さんの訴えには、ただの我儘、理不尽な要求がとても多いんです。
それに、治療が上手くいかないとしても、それは、医療者側が悪いわけではありません。
全ての病気がすぐに完治できるわけではありませんし、完治できない病気も沢山あります。
患者さんの治療の為だと思い、いろいろ指導しても、その指導を無視して勝手な事ばかりしている患者さんもいます。
それなのに、なかなか回復しないといって、文句を言われても困ります。

 

患者さんだからといって、なにもかも全てが許されるという事ではないと思います。
それに、患者さんの言う事を100%聞かなくてはいけない、という事もありません。
看護師は、患者さんのケアをして、治療がスムーズに進むようにするのが仕事であって、
患者さんを満足させる事が仕事ではありません。
患者さんの立場にたった医療に変わってきているのは、とても良い事だと思いますが、
医療機関に対して正しい理解をして欲しいと思います。