大津の派遣看護師

シングルマザー看護師の可能な働き方は?

シングルマザーになって一番の心配は、子どもを預かってくれる場所があるか、ということですよね。

 

24時間365日対応している院内保育園を持つ病院もありますし、院内保育園だと送迎に時間を取られることがなく、病院内であれば、何かのときもすぐにかけつけることが出来ますし、預かる保育士も職場の事情が分かっているので、融通きくことが多いと思います。

 

夜勤も院内保育園のおかげで、出来るようです。

 

お子さんもお母さんと一緒に出掛けて登園になるので、安心できるようで、寝ている間にお母さんの仕事は終わるし、夜勤明けは日中時間があるので、一緒にいろいろなことが出来ますよね。

 

夜勤手当はシングルマザーにとってもとても助かります。

 

もちろん、夜勤の大変さというのはありますが、それも病院によって様々なので、よく調べてみると良いと思います。

 

それから、時短正社員制度を設けている病院もあり、自分のライフスタイルに合った条件が見つかるかもしれません。

 

意外と夜勤専従のシングルマザーもいて、出勤が月9回以下で、夜勤専門なので、決まった時間に働くため、日勤と夜勤をこなすよりも、慣れれば身体も楽みたいです。

 

給料は高いので、効率よい働き方といえると思います。

 

仕事は業務内容もですが、人間関係も重要です。ママさんナースが多い職場であれば、育児に理解がある方が多いので、お互い様で、助け合って仕事が出来ます。

 

また、同じような立場のナースや子育てが終わった先輩ナースが心強い味方にもなってくれるかもしれません。

 

自分ひとりで何とかしようとすると、心身ダメージが大きくなって、働くことすら難しくなってしまうので、自分が出来ること、出来ないこと、職場に頼めること、頼めないことをよく理解して、行政や民間のサポートを得ながら働けると良いですよね。