大津の派遣看護師

在宅医療を受けている方の家族が全て受け入れが言い訳ではありません。強い希望で在宅を選ぶケースと、金銭的に致し方なく在宅を選ぶケースでは患者さんの幸福度は大きく変わります。

最近では、在宅医療を受ける患者さんもだいぶ増えてきていますね。

 

患者さんにとって、入院生活が長くなることは苦痛なことです( ;´Д`)

 

やはり、早く住み慣れた自宅に戻りたいと心からねがっていますよね。

 

病院では、自分らしい生活は出来ませんよね。

 

病室は、実費負担で追加料金を払ってまで個室にすれば、いくらか気も休まりますが、長期入院となると金銭的負担が大きくなります。

 

ですから、たいていは大部屋などでの入院生活を余儀無くされています。

 

そういった患者さんにとっては、在宅医療はとてもありがたい存在ですね(-_^)

 

患者さんだけではなく、患者家族もやはり大切な家族と一つ屋根の下で暮らせることは幸せなことです。

 

しかし、在宅医療を受ける患者さん全てが、そのような思いではありません(・_・;

 

中には、仕方なく在宅医療を受けている場合もあります。

 

最近は、長期入院の受け入れが悪くなっているため、ある程度急性期を過ぎると、在宅医療を勧められるケースもあります。

 

また、在宅医療を支える家族の協力がある家庭ばかりではありません。

 

家族も仕事をしていたり、子育てが忙しかったり、また同居ではなく協力が難しい家庭もあるんです。

 

また、入院による金銭的な負担がキツイことから、在宅医療にする場合もあります(;´Д`A

 

できれば入院していてもらいたいけど、金銭的な負担から長期入院はキツイ場合、在宅医療の方がいくらか負担は軽減されます。

 

そのために在宅医療を選択する場合もあるんです(´・Д・)」

 

こういった理由で在宅医療を受ける場合は、やはり何かとトラブルも起きやすく、家族も精神的な負担が大きくなりますからね。

 

同じ在宅医療でも、家族や本人が心から望んで受ける場合と、仕方なく在宅医療を受けざるを得ない場合では、幸福度は大きく変わりますね。