大津の派遣看護師

生活習慣病の予防には食事や運動など自分でも出来る事が沢山あります。将来長患いを避けるためにも、自分で出来る事をやっておきたいですね。

病院で働いていると、沢山の患者さんたちを見ていますが、自分は病気にはなりたくないなぁって思いますよね(・_・;

 

人は生きていれば誰しも病気になるリスクは持っています。

 

しかし、予防出来る病気も沢山あります。

 

例えば、生活習慣病(´・Д・)」

 

生活習慣病というからには、生活習慣が大きく関わっています。

 

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満などがあります。

 

これらは、偏食や、運動不足、喫煙、ストレスといったものが大きく関与しています。

 

こういった普段の生活習慣が、引き起こす生活習慣病は、「死の四重奏」とも言われ、重複すると命に関わるリスクが高くなるんです( ;´Д`)

 

生活習慣病にかかると、動脈硬化を引き起こします。

 

生活習慣病は、サイレントキラーと言われ、自覚症状がほとんどないままに、動脈硬化が静かに進行していくため、病気に気づかないんですよね。

 

そして、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞がおこり、突然死に至る!ということも起こりかねないんです>_<

 

また、命に別条はなくても、様々な病気を引き起こしますから、一度生活習慣病になると、病気と長く付き合っていかなくてはならなくなります。

 

長患いは、患者さん自身も苦しみますし、家族の負担も大きくなります。

 

やはり、将来のためにも予防出来ることはしっかり予防して、健康的に長生きしたいですよねo(^▽^)o

 

生活習慣病は、食事に気をつけることや、適度な運動、禁煙やお酒の飲み過ぎに注意することによって、予防することが可能です(-_^)

 

特に、最近はジャンクフードや、出来合いの惣菜や弁当が手軽に摂取しやすい時代ですから、リスクは高くなりますよね。

 

そういった食生活を見直すだけでも、だいぶリスク回避することが出来ますねd(^_^o)