絶対に負けない看護師転職サイト

トラブルばかり起こす患者に疲れたナース

pixta_12732843_S.jpg
今までトラブルを起こす患者さんは何人もいましたが、忘れられない患者さんがいます。

その患者さんは膝の骨折のため手術目的で入院されていました。

認知症状があるため注意はしていたのですが、手術の前日夜勤で担当した際にナースステーションの前まで歩いて来て「足が痛くて眠れないので薬が欲しい」というのです。

一瞬理解できませんでしたが、歩いてはいけないし歩けるはずがないとすぐに気付き、車椅子に座ってもらいドクターに報告しました。

転倒こそしなかったものの安静が守れなかった事は私の責任です。

翌朝レントゲンを撮ると骨折部位がズレているため手術は中止となり、牽引することになりました。

牽引している間も安静の必要性をすぐに忘れてしまう為、ナースステーションから1番近い部屋に移動してもらって、みんなでかなり注意をしていました。

夜1人になると大声で奥さんや娘さんの名前を呼ぶため、その患者さんが落ち着くまで病室で付き添うこともよくありました。

何日かそのような看護が続き、いよいよ手術ができるようになったのですが、予想通り麻酔覚醒後より術後せん妄が著明に表れ大暴れでした。

安全のために主治医の指示でセデーションをかけるほどでした。

それでも翌日点滴ルートを噛みちぎり、創部に入っていたドレーンを自己抜去して血だらけの状態で発見されるような患者さんでした。

創部感染を起こさなかったことが不幸中の幸いです。

様々なトラブルを乗り越えてそろそろリハビリを本格的に始めようと言っていた頃、今まで頻繁に来られていた娘さんの来院が減り、その代わりに患者さんの奥さんが毎日来るようになっていました。

極めつけのトラブルは、まだ退院の時期すら決まっていない状態の患者さんを奥さんがタクシーに乗せて連れて帰ろうとしてしまったことです。

夕食の配膳に行くと患者さんがいないのです。

病棟のどこを探しても見つからず、病棟中大慌てでした。

すると1階の出入り口の警備員から内線があり、なんとか病院内で見つけることができ未遂に終わりました。

あとで家族の方に聞いたのですが、最近急に奥さんの認知症が進行したように思うとのことでした。

しっかりされているように見えたので、奥さんをノーマークだった事を反省しました。

夜勤看護師ではこんなに次々トラブルを起こす患者さんはなかなかおらず本当に疲れました。

2015年3月17日|

主任と看護師長の対応に不信感

pixta_1557459_S.jpg
私の病棟は最近主任が師長に昇格しました。師長は元々はオペ室ナースで、病棟に来て1年で師長に昇格となりました。

そのため、あまり病棟看護師に対する理解がありません。

理想も理論も理屈も、ある程度筋は通っているのですが、それが病棟看護の現実には下りてきてないと度々感じます。

師長といえど中間管理職。

上の求める理想と現場の現実とをどうすり合わせて行くかが力の見せ所だと思うのですが、上の言ってる事をそのまんま言ってるように思います。

例えば夜勤について。病棟の夜勤をした事がない師長は、夜勤の大変さを分かってくれません。

日勤の残業が多いことに対する解決策の一つが、夜勤に業務を回すことです。

確かに夜勤は日勤に比べて業務量が多い訳ではありません。

でも、少ない人数でいつ急変するか分からない緊張感の中、長時間働いているのです。

鳴り止まないナースコールに、夜間緊急入院。

ステルベンがあったら、お見送りに行ってる間病棟は一人のナースで対応しなければいけません。

みんなで協力し合って出来る日勤とは違うと思います。

それでも日勤の残業が多いので、夜勤でできる事は夜勤でする事になりました。

雑務増やして、夜勤の負担増やして、集中力切れた朝方にアクシデント起きないかヒヤヒヤしてます。

こういう小さな「分かってくれない。」がたくさん積み上がってきました。

完璧な師長はいません。

上からも下からも認められるなんて、理想以外何でもありません。

それでも自分たちの事を考えてくれてる師長だなって思えたら、がんばれる気がします。

でも、師長のする事いう事、少しでも納得いかなければ、すぐに「この人は病棟の事を分かってない...」て思っちゃう癖がついてしまいました。

一度芽生えた不信感はなかなか拭えませんね。男性に尽くすドイツ人女性。はたしてどんな出会い方法が!?

2015年3月17日|

循環器病棟はシビアなケースが多いです。生死に直結する科だけに常に緊張感があります。

20110602224843-59S.jpg
昨日、また患者さんが亡くなりました。

ステルベンに当たると、なかなか気持ちが切り替えれません(;_;)

昨日は、退院する予定だった高齢の患者さんが、家族が沢山迎えに来た中で、突然心配停止状態になりました。

まさかの事態に、病棟内に緊張が走りました。

ドクターも一生懸命蘇生を試みましたが、帰らぬ人に...。

迎えに来ていた家族さんの中には、お孫さんたちも数名いて。
「おじいちゃん!おじいちゃん!」
と泣き叫ぶ悲痛な声が今でも頭から離れません。

私にも、心臓に病気のある祖父がいます。

もし、うちのおじいちゃんだったら...と思うと、涙が止まらなくなりました。

さあ、退院だっ!ってみんな嬉しそうに笑顔で病室に集まっていた家族さんたちが、一瞬にしてドン底に突き落とされたような悲痛な叫び...。

ドクターも、ナースステーションに戻ってからしばらく頭を抱え込み、無言で座っていました。

医者って、人の死に対して鈍感なのかなぁ...なんて思っていたし、どこか人間離れしているイメージがあったけど...。

昨日は、あ=A医者も人間なんだ...なんて少しホッとした自分もいました。・

いつも冷静で、時に冷たく感じるドクターも、本当は一生懸命治療に当たっているんですよね。


循環器は、本当に急変が多いんです。

モニターのアラームがなり、異常があればすぐに救急カートを持って走る。

数秒の遅れが命取りになる、そんな緊張感が常にあります。

モニターの異常とか、まだまだ読みきれない私には、ひたすら先輩を追って走るだけで、無力さを感じます。

循環器病棟って、心臓という人間にとってとても重要な臓器の疾患の病棟ですから、生死に直結する科です。

それだけにシビアなケースが沢山あるんですよね。

2015年3月 4日|

人に頼むのが苦手です。自分だけ忙しい勤務の時ってないですか?周りは落ち着いて座っているのに、申し訳なくて仕事をふる事が出来ません。こんな性格はどうしたら良い?

pixta_6292709_S.jpg
看護師の病棟業務など、それぞれに分担がありますよね。

病棟内で検温やナースコール対応中心に動く人、検査や処置に回る人、入浴介助をする人...。

毎日担当が変わるわけですが、それぞれに一日平等に仕事が割り当てられるようになっています。

しかし、人相手の仕事ですから、イレギュラーな事態が起こると、仕事量も偏ってきますよね。

やはり急変だ、ステルベンだとバタバタしてしまう日は、業務が回らないという時もあります(;´Д`A

異常にナースコールを鳴らす患者さんがいたり、話の長い患者さんにつかまってしまったり、ちょっと時間が押すと、全体に支障をきたすこともあります。

そんな時は、自分一人バタバタしてしまう...なんて事もありますよね(´・Д・)」

他のスタッフは、平然と働いていてもなかなか仕事を頼みづらいものです(;´Д`A

みんなはある程度仕事が片付いて、落ち着いているのに、自分はカルテ入力もまだだし、ナースコールは鳴り止まないし...。

そんな状態の時ってイライラしてきたりしますよねf^_^;

人によっては、なんでも人に仕事を振ったり押し付けたり出来る人もいるけど、そんな事で嫌な思いをするのがわかっているから余計に頼めないとか、自分が仕事が遅いから周りに迷惑をかけられない、とか考えてしまいます(;´Д`A

しかし、看護師はチームワークが大切です^_^

出来ることならみんなで定時に仕事を終わらせて帰りたいと願っていますから、遠慮せずに頼む事も大事だと思いますよ^_−☆

むしろ、誰か一人が業務が終わらないために、みんな定時に帰り損ねる方が迷惑だったりしますからね(;´Д`A

一日の流れがわからないと対応出来ない業務などは自分でやり、他の雑用的なことは、他のスタッフにお願いするなどすると頼みやすいと思いますよ^_−☆

2013年12月 9日|

健診の仕事は楽!仕事も完全予約だから残業はまずありませんよ~(*^_^*)

私は健診センターでパート看護師をしています(*^^*)

以前は、クリニックのパートをしていましたが、残業は多いし、もともとの希望の曜日もクリニックの都合で変更されるし...(~_~;

常勤ナースにはいいように使われ、雑用ばかり...。

平日のみのパートだったのに、常勤ナースが休み希望があると、代わりに出勤になるし...(;´Д`A

なんだか働きづらくて転職してしまいましたf^_^;

転職先は、健診センターです(^_^)
完全予約制の人間ドックですから、一日の受付の上限が決まっています。

ですから、病院やクリニックのように突発的な事がなく、残業はほとんどありませんよ^_^

人間ドックは、日帰りか1泊2日で行われます(^_^)

健診の内容は...
血圧、採血
呼吸機能検査、聴力検査
胸部レントゲン、心電図
腹部エコー、胃透視
眼底視力検査、婦人科(女性のみ)

看護師は、問診や、血圧測定、採血がメインですね(^_^)

あとは、検査がスムーズに行われるように検査説明をしたり、介助を行ったりする程度です(^_^)


はっきりいって、仕事は楽‼︎( ^ω^ )

ただ、時間勝負なところがあって、とにかく早くこなさなきゃって、追われてる感はありますねf^_^;

健診センターは、健康な方がお客様ですから、やはり待ち時間が長いとクレームもきます。

病院やクリニックは、治療をしに来ている...ということから、待ち時間に対しても、まぁ仕方ないと諦めてくれますが、健診センターはそうはいきません(ー ー;

接遇に関しても、日頃からしっかり教育されますね(^_^)
患者さんではなく、「お客様」として接するため、病院以上に言葉使いや態度には気をつけるよう言われています。

楽な仕事内容のわりに、時給もいいんですよ(*^_^*)

センターによって違いはあるようですが、時給1200〜1900円です(^_^)

仕事内容からすると、ずいぶん割のいい仕事だなぁ〜って思いますよ(*^_^*)

2013年11月 7日|

採血の単発バイト

看護師の単発バイトには、いろいろな種類があります。
週1回や月1回という仕事も多く、常勤として働きながら、副業として何回か単発バイトをすれば、
給料アップにも繋がりますよね。

単発バイトは、自分の生活スタイルに合わせて仕事を入れる事ができるので人気があります。
働いている看護師は、ほとんどの方が既婚者で、子供がいる方がとても多いですね。
中には、独身の看護師でも、職場に縛られるのがイヤだったり、人間関係のトラブルを避けたい、
と言った理由で単発バイトを掛け持ちして稼いでいる方もいます。

単発バイトの一つに、採血室の仕事もあります。
採血室や、献血センター、献血車のバイトがほとんどです。
採血室で働いている看護師は、一日に何十人もの採血をしています。
看護師の中には、採血が苦手な方がいますよね。
新人看護師は特に言えると思いますが、なかなか上手い採血できずに、何カ所も針をさしてしまい、
患者さんに不安感や余計な痛みを与えてしまう場合があります。

採血の仕事は結構大変です。
献血車で働く場合、1人の方に何度も針をさす事もあり、失敗は許されません。
献血後に腕が腫れてしまう事もあります。
採血が少しでも苦手だと思う方や、不安がある方は避けた方が無難だと思いますね。

しかし、献血が得意な方であれば、この仕事は、余程の事がない限り残業はありませんから、
ママさんナースにはピッタリのバイトです。
採血のバイトは患者さんと接する時間も少なく、人間関係のトラブルはほとんどありません。

子育ての為に、一時的に単発バイトをしている方も多いと思います。
いずれは常勤で働きたいと思っているママさんナースは、ブランクを空けない為にも、
単発バイトで無理なく働くのは、とてもいい方法だと思いますね。

2013年10月16日|

訪問入浴の単発バイト

いろいろある単発バイトの中でも、常に多くの求人があるのが訪問入浴です。
在宅介護を選択する方は年々増えており、合わせて訪問入浴を利用する方も増えています。
しかし、介護系の職場では常に看護師が不足している為、相変わらず人材不足に悩んでいる状態ですね。

介護系の仕事は、医療行為をあまり必要としない為、比較的に仕事内容が楽だというイメージがありますが、
訪問入浴は、かなりの重労働です。
単発バイトの場合は、要介護5の方など、危険のある利用者さんを任される事は少ないです。
その為、常勤看護師に比べると精神的には楽ですが、お風呂のセッティング、着替えやトランス、入浴の介助などが仕事ですから、
かなりの体力を使います。

1件につき1時間くらいの仕事になりますが、何件かのお宅を回るので、夏場などは汗だくになります。

もう一つ、訪問入浴には難しいところがあります。
利用者の方は自宅にいる為、入院している時とは違い、我儘なところがでる方がいます。
そして、ご家族の方は、自分達のやり方で長年介護をしてきた、というプライドを持っている方が多く、
看護師を見る目がとても厳しいですね。

それぞれのお宅によって、物が置いてあるところややり方が異なりますから、気に入らないとクレームが入る場合もあります。
それに、利用者やご家族の方との信頼関係がとても大切な仕事なので、若い看護師の方には難しいかもしれません。
訪問看護も同じような事が言えますが、働いている方は、経験のある看護師がほとんどで、実際に、ご利用者やご家族の方も、
経験のある看護師を選ぶ傾向にあります。

しかし、訪問入浴は大変な仕事だけに、時給は高いところが魅力です。
仕事に慣れれば、効率良く稼げる仕事だと思いますね。

2013年10月16日|

ナースバンクってどうかな(^_--)--☆?

ナースバンクは、日本看護協会が母体の看護師求人バンクで、全国に支社があります。
その為、求人数が多く、自宅近くに支社がある場合も多いですよね。
さらに、わざわざナースバンクに出向かなくても、ネットでの検索ができるので、とても便利です。

しかし、ナースバンクのスタッフは、転職のプロではありません。
元看護師といった、年配でベテランの方が多いので、人生相談にも乗ってくれるといった安心感はありますが、
希望の条件に合った仕事を探してくれる、というわけではありません。
スタッフが行ってくれるのは、こちらがピックアップした求人先に面接の予約を入れたり、
求人票を送ったり、といったサービスまでですね。

ナースバンクを利用する上で、一つ注意しなければいけない事があります。
それは、求人の内容です。
ナースバンクは求人数が多いのがメリットですが、条件の悪い求人が多いというデメリットがあるんです。
スタッフの入れ替わりが激しい職場や、評判の悪い職場、労働条件の悪い職場など、いろいろな求人があるので、
その中から良い求人を見つけるのは難しいですね。

求人数が多いというメリットを利用して、情報収集の為にナースバンクを利用し、実際の転職活動には看護師求人情報サービスを利用する、
というのが賢い方法だと思いますね。
看護師求人情報サービスのスタッフは転職のプロなので、希望にあった仕事を紹介してくれますし、
事前に職場事情を調べて貰う事もできます。

仕事を探す為にはいろいろな方法がありますが、それぞれのサービスのメリットを利用し、使い分ける事が、
転職の成功へ繋がるのだと思いますね。
情報収集の為には、ナースバンクの利用価値は大きいと思いますよ。

2013年10月15日|

病棟のパートは職場選びがポイントです(^0^)/

私は出産を機に以前の職場を退職し、民間病院に転職しました。
現在は、子育てをしならが病棟でパートとして働いています。

人それぞれ考え方が異なると思うんですが、子育てと仕事を両立させる為に、比較的に楽な外来や、
介護系の仕事を選択する看護師はとても多いですよね。
確かに病棟の勤務はとても忙しく、土日出勤などもあります。

私が職場に復帰する時にも、職場選びにはとても悩みました。
子育てを重視するのであれば、ストレスを溜めない為にも、残業が少なく楽な介護系の仕事を選択するべきなのかな、
とも思いました。
しかし、医療行為が少ない職場の場合、看護技術を忘れてしまうような気がしたんです。
私は医療行為ができる職場で働きたいと思い、病棟での勤務を選択しました。

私が働いている病棟は外科系なので、毎日オペがあります。
1日に5、6件のオペがあるので、オペ出しやオペ迎えで、一日中バタバタしているような職場です。
スタッフはパートやバイトで働いている方が多く、それぞれ出勤時間や退社時間が異なっています。

常勤のスタッフは、このようなバイトやパートの事を理解してくれているので、退社時間が近づくと受け持ちを外してくれるなど、
時間内に帰る事ができるように声をかけてくれるんです。
そのお陰で、パートの看護師は、時間内に仕事を終える事ができています。

人間関係がとても良い職場なので、忙しい職場でも、仕事と育児の両立ができています。
病棟の仕事は、たとえパートでも残業を強いられるところがほとんどですから、職場選びはとても重要です。
私は、自分のやりたい仕事ができて、子育てと仕事の両立もできているので、とてもラッキーです。
この職場で働ける事に感謝していますね。

2013年10月15日|

夜勤は月にどの程度ありますか?生活リズムが崩れて困る事はありますか?

私は介護老人保健施設の看護師をしています。

こういった介護施設で働く前は、病院やクリニックで働いていましたが、子育てと仕事を両立させるため、年間休日数も多く、残業も少ない職場を選びました。


総合病院で働いていた頃は三交代夜勤をしていましたが、結婚後は退職し、夜勤のない仕事をしていました。

家庭をもつと、夜に家にいないのはダメだと義両親にも主人にも反対されたのが一番の理由でしたが、やはり子どもが小さいうちなど夜勤は無理だなぁと思っていました。

しかし、クリニックでの仕事は休みも少なく、思ってた以上にハードでした。
保育園行事に参加するのも、なかなか休みが取れず難儀しました。

子どもが小学生になり、夜勤に出ても大丈夫な程になりましたので、転職を考えました。

やはり夜勤などやると収入もあがりますし、日中は夜勤明けの時間も使えるのがいいですよね。

求人の中でも介護施設は休みが多いし、夜勤も病院に比べるとハードさはないと聞いていましたので、夜勤ブランクの長い私でも大丈夫かな...と思い、老健での勤務に決めたのです。

老健の夜勤は、二交代でした。
17時から翌朝9時までの夜勤です。16時間という長い時間の夜勤は、最初不安でした。
しかし、実際やってみると、途中で二時間の仮眠時間もありますし、それほどハードな動きはありませんからすぐに慣れました。

夜勤はたいてい月に4回ほどのペースですが、夜勤者が足りない時は月に6〜7回の事もあります。

ママさんナースの多い職場ですから、妊娠に伴い夜勤業務から外れる事もありますので、そういった事で夜勤回数の割り当てが多くなる事もあるのです。

中には月に4回以上の夜勤は体調的にキツイという方もいますが、私は月に6回の夜勤でも全く支障がありません。

むしろ二交代で月に7から8回の夜勤をしていた総合病院での勤務に比べると楽なくらいです。

夜勤明けは、日中寝ないで夜になってから寝ますし、生活リズムもうまく出来ています。

明けで帰ると、まず家の掃除をします。
休みの日は遊びに使いたいため、出来るだけ簡単な掃除にして、ちょっと時間のかかる掃除は明けにする事にしています。

平日誰も家にいないと、掃除もはかどりますしね。

明けの日は、友達とランチに行ったり、土日であれば子どもたちと遊びに行きますが、平日予定のない時は昼からゆっくりお風呂に入ります。

午後からも時間を有効に使い、早めの就寝を心がけています。

夜勤専従看護師は、夜勤で体調を崩した事もなく、朝の弱い私にとっては働きやすい働き方です。

2013年10月15日|